大江戸塗料の江戸黒(黒漆喰)風塗料
江戸黒(黒漆喰)風塗料
江戸時代後期から広まったという土蔵の江戸黒は、川越、佐原、喜多方などで現存しています。
低料金で本格的江戸黒(黒漆喰)風の塗料
 江戸黒黒漆喰)は江戸時代後期に江戸から広まったと言われていますが、関
東大震災や東京大空襲そして大規模な都市化の波に抗うことができずに廃れてし
まったようです。八王子市など都下の一部で見られる江戸時代の土蔵扉に施された江戸黒黒漆喰)を除き、現在の東京では確認できないのが現状です。
 江戸時代の風俗が描かれている浮世絵から江戸黒黒漆喰)を探してみると、
歌川広重の「名所江戸百景」第44景の「日本橋通一丁目略図」には、日本橋志ろ
木屋の二階部分に江戸黒黒漆喰)が施されているようです。 
 但し、これは真の江戸黒黒漆喰)ではないか、もしくは劣化したもののよう
ですが、輝きや艶、陰影の表現をしてこなかった浮世絵の技法では輝かせる事が
できなかったためとも考えられます。
 それでも小江戸と称される埼玉県川越市や水郷の町千葉県(旧)佐原市、福島県
喜多方市などでは、現在も本物の江戸黒黒漆喰)に出会う事ができます。
 江戸黒黒漆喰)は、菜種油の油煙や松煙から得られる”煤(すす)”を漆喰に
練り込み、白壁に紙一枚と言われる程に薄く塗った後、絹布や素手で磨き上げる
そうです。
 大富豪である事の証が、漆黒に輝く、”粋”な江戸黒黒漆喰)の蔵だったよ
うです。
江戸黒(黒漆喰)風塗料
大江戸塗料の江戸黒(黒漆喰)風塗料は低料金です
江戸黒黒漆喰)の風合いに練り上げた専門塗料ですが、一般の油性塗料と同様に作業ができます。 
〜 特 徴 〜
○低料金で江戸黒黒漆喰)の風合いを再現できます。
○防カビ、防藻効果があります。
○内外壁専用の油性塗料ですが、低臭タイプです。
○モルタル、石膏ボードにはシーラー不要です。二度塗りをお勧めします。
○漆喰面塗り替えの場合には、漆喰面専用シーラーをご注文下さい。
低料金の江戸黒(黒漆喰)風塗料
 大江戸塗料の江戸黒黒漆喰)風塗料は、上のような色合いです。 
※但し、実際に塗装された江戸黒黒漆喰)風塗料は、人の目にはその反射光が認識されるため、スマートフォンやパソコンディスプレーで透過光として表示される上の色とは本質的な違いがあります。特にツヤ有り/消しの違い等は、現物とディスプレー表示との間に大きな差異が生じる事があります。
〜 価格 〜
○油性ツヤ有り/消し  4kg 12,800円(税込み)
○油性ツヤ有り/消し 16kg 30,000円(税込み)
※16kg二度塗りで約50u塗ることが可能です。
江戸黒黒漆喰)風塗料は、ホームセンターには出荷しておりません※

送料について

※同時発送16kgまで(一個口4個まで)

送料700円(税込み)、代引き手数料300円(税込み)

ご注文フォーム

        安く、簡単に江戸黒黒漆喰)を再現します。
           江戸黒黒漆喰)風塗料のご注文は、

低料金の畳の表替え

           電話でのお問い合せ/ご注文は、低料金の畳の表替え